<news topへ>

■03/03/14

三百人劇場映画講座vol.14
追悼特集「映画監督・深作欣二」

4/26(土)〜6/8(日)
三百人劇場 tel.03-3944-5451
日本映画最強の“過激派”深作欣二の足跡をたどる55作品連続上映!詳細はこちらから

■03/03/07
『女はバス停で服を着替えた』公開記念
【小沼勝 愛と官能の名作劇場】ゲストトーク決定!
3/16(日)小川恵(「さすらいの恋人 眩暈」)
3/21(金)風祭ゆき(「サディスティック&マゾヒスティック」ほか)
4/1(火)木築紗枝子(「箱の中の女 処女いけにえ」)
※いずれも午後9時より上映前に、小沼監督との対談です。

■03/02/28
『女はバス停で服を着替えた』
“サルサの日記念イベント”に戸田菜穂、遠藤憲一が特別参加 毎年3/3の”サンマルサンはサルサの日!”と語呂合わせで2000年より始まった日本一大きなサルサダンスイベント!今回は3/3が月曜日ゆえ、3/1に開催。会場もなんと恵比寿303というこれ又“サルサ!”
1000人以上が華麗に踊るパーティになりそう。映画「女はバス停〜」では、サルサの元ダンスパートナーという役を演じている戸田、遠藤が特別審査員として参加予定です。
『女はバス停で服を着替えた』
3/15(土)初日舞台挨拶、初日入場者に先着特典あり 公開初日は、バウスシアターで午後3時、ユーロスペースで午後9時10分より出演者、監督による舞台挨拶を予定。また、初日には先着特典としてサルサの故郷キューバ産のラム・カクテル「バカルディブリーザー」をプレゼント。
詳しくは、劇場・吉祥寺バウスシアター(TEL0422-22-3555)、渋谷ユーロスペース(TEL03-3461-0211)までお問合せください。
ラインナップに新作を追加しました。

■03/02/21
『女はバス停で服を着替えた』公開記念、
【小沼勝 愛と官能の名作劇場】3/1より開催!
かつて大人のメロドラマは、ロマンポルノにあった――。男が誘い、女が濡れる…。狂おしいまでの愛と官能の世界。ロマンポルノの鬼才と呼ばれた小沼監督が、70〜80年代にかけて監督したその名作選10本と、彼の製作の秘密に迫るドキュメンタリーを合わせ特集。小沼監督の映像美を知らない女性たちにも、是非見てもらいたい。女性専用シートも設置。ラインナップについてはwww.baustheater.comをご覧ください。
当日料金 男性¥1,300 女性¥1,000
     前売3回券¥2,800
☆レディース・シートあり
問合せ:吉祥寺バウスシアター TEL0422-22-3555

■03/02/14
『福耳』公式サイト本格オープン!

■03/01/27
宣伝部だよりスタート!

■03/01/27
『女はバス停で服を着替えた』
●吉祥寺バウスシアター 0422(22)3555
●渋谷ユーロスペース  03(3461)0211
☆初日決定! 3/15(土)
出演者・監督の舞台あいさつを予定しております。
詳しくは、こちらのHPで順次アップ予定。

■03/01/27
『福耳』
●今秋、全国ロードショー

■03/01/27
【配給作品】
バカ映画の女王、松梨智子 待望の最新作
『近未来蟹工船・レプリカント・ジョー』
●今春、BOX東中野にてロードショー

news top | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |

Copyright 2003 ARGOPICTURES. All Rights Reserved. IT Produced by cafegroove, Inc.